柏レイソル、2015新ユニフォームは吉田体制による「新たなる一歩」を表現

J1復帰初年度でいきなり初優勝を飾った2011年以降、天皇杯(2012年)、ヤマザキナビスコカップ(2013年)と毎年タイトルを獲得してきた柏レイソル。その立役者であるネルシーニョ体制6年目の2014シーズン、チームは近年では優勝した2011シーズンに次ぐ4位という好成績で最終的にACL出場権を獲得したが、決して順調な一年ではなかった。 リーグ優勝時のエースでJリーグMVPにも輝いたレアンドロ・ドミンゲスは開幕前から不要なラフプレーや練習への遅刻などトラブルが相次ぎ、5月に契約を解除(その後、名古屋グランパスへ加入)。また、6月には日本代表の田中順也がスポルティング・リスボン、8月には韓国代表のハン・グギョンがカタールSCに移籍した。 大きな戦力ダウンとなったはずだが、そこは名将ネルシーニョ監督。卓越したマネージメントでチームをまとめ上げ、最後は見事な7連勝でフィニッシュ。最終節でサガン鳥栖を抜き去り、4位の座を確保している。 ACL出場権を置き土産にネルシーニョ監督は退任し(ヴィッセル神戸監督に就任)、下部組織の監督・コーチを歴任してきた強化部ダイレクターの吉田達磨氏が新指揮官として就任した今季の柏。 ここまでの補強はFW大津祐樹(VVVフェンロ)の復帰、FWクリスティアーノ(甲府)の期限付き移籍が目立つ程度だが、クラブの生え抜きであるDF山中亮輔(千葉)、MF武富孝介(湘南)、そして何より、プロ契約後すぐに湘南へ期限付き移籍した、Jリーグで最も小柄な155cmのMF中川寛斗の帰還が、「吉田体制」の方針を明確に示している。 Kashiwa Reysol 2015 Yonex Home 先日発表された、柏レイソルの2015シーズン新ユニフォーム。(写真:ヨネックス) デザインコンセプトは『新たなる第一歩』。今季、新監督を迎えチームが大きく変わることから、伝統的な黄色のホーム(1st)には、新生レイソルが新たなる第一歩を踏み出すイメージを「太陽王(レイソル)が昇る地平線」に見立てたドットボーダー柄で表現。ドットには差し色としてお馴染みの燃える太陽をイメージした赤と黒が使われている。 Kashiwa Reysol 2015 Yonex Away アウェイ(2nd)は、白を基調にしたシンプルなデザイン。ポイントカラーとして青系の新色「ミッドナイトネイビー」を採用し、心をクールにして戦う選手をイメージしている。 サプライヤーは5年目のヨネックス。ロゴの表記や位置がホームとアウェイで違う点も面白い。 3年半ぶりに復帰した大津。2012年のロンドン五輪で活躍し、A代表経験もある24歳のアタッカーは、柏の日本人選手では大野敏隆以来12年ぶりとなる背番号10をつける。 パンツにも青を採用しており、かなり新鮮な仕上がり。 ユニフォームスポンサーは、胸が「日立製作所」、背中が「アメリカンファミリー生命保険会社」、袖が「日立アーバンインベストメント」、パンツが再び「日立製作所」で、いずれも継続。 背番号下には昨季同様、2012年から支援を行っている「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」のロゴが入る。 GKモデルのホームは引き続き、ホームと色違いの黒となった。

レアル・マドリー、“夜”の2015-16新サードユニフォームを発表!

レアル・マドリーは先週末のリーガ開幕戦、昇格組のスポルティング・ヒホンを相手にスコアレスドロー。ラファエル・ベニテス監督は過去率いたチームを見てもややスロースタートなところがあり、特にリーガでは前半戦でどれだけ好位置に付けられるかがタイトル奪還の鍵となりそうだ。 そしてもちろん、CLでも11度目の優勝を目指すマドリー。27日に発表された2015-16シーズンの新サードユニフォームは、そのCLにおける彼らの栄光を表現している。 Real Madrid 2015-16 adidas Third CLの試合は基本的に夜に行われることから、サードでは「偉大な夜」に触発されたという紺を基調にしたデザインを採用。 明るい青と組み合わせたほか、エンブレムにはビッグイヤーを思わせるシルバーを取り入れている。 こちらは子供用のキットだが、パンツとソックスも紺。マドリーは過去にも2003-04アウェイ、2009-10アウェイなどでこういったカラーリングを採用している。

バルセロナが2016-17新ユニフォームを発表!伝統デザイン回帰も、大きな変化?

バルセロナは昨年、最強の3トップ「MSN」を擁して見事3冠を達成。 ルイス・エンリケ監督のもとで早くも結果を残したが、新体制2年目の2015-16シーズンは4月にまさかの失速。レアル・マドリーとのクラシコで敗れると、CLでもアトレティコ・マドリーの前に準々決勝敗退を喫した。 それでもリーガとコパ・デル・レイの2冠を達成したバルサが30日、2016-17シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。 Barcelona 2016-17 Nike Home 2015-16モデルではクラブ史上初のボーダー柄を採用したバルサだが、NEWモデルは伝統の縦縞へ回帰。 その中でも、1991-92シーズンのCL初優勝から25周年をたたえるデザインで、太めのストライプの中に細かいシャドーストライプが配されている。 また、カタール航空との胸スポンサー契約が今夏で切れるため、ひとまず空白での発表となったことも大きな変化。このまま以前のようにスポンサー無しへ戻っていくことがあるのか注目される(クラブ幹部によると最終的にはスポンサーが入る見込みらしいが・・・)。 全身はこんな感じ。袖の切り替えしデザインが2003-04ホームも思わせる。

清水エスパルス、迷彩柄の2017新ユニフォームを発表!隠し要素もあるぞ

クラブ初のJ2降格から一年、清水エスパルスは最短でのJ1復帰を成し遂げた。 “昇格請負人”の小林伸二監督を招聘。前半戦こそ中位を漂っていた彼らだが、J2の戦いに慣れるにしたがって順位をアップ。爆発的な得点力を見せるチョン・テセに加え、北川航也、白崎凌兵ら若手アタッカーも小林監督の信頼にこたえて結果を残した。 そして終盤、10番の大前元紀が負傷から復帰したことでさらにギアを上げ、最後は怒涛の9連勝。見事2位での自動昇格を決めている。 小林体制2年目を迎える今季は、日本代表GK六反勇治(仙台)を補強。期限付き移籍先のサンフレッチェ広島で昨季J1得点王に輝いたピーター・ウタカ、大宮アルディージャが獲得を狙う大前など攻撃陣の去就が気になるところだ。 Shimizu S-Pulse 2017 Puma Home 清水は今年がクラブ創設25周年。2017シーズンの新ユニフォームは「もう一度強いエスパルスを創りあげる」べく、Jリーグのステージや天皇杯、さらにはアジアカップウィナーズカップをも制した1999年~2001年のモデルをベースとしたデザインを採用した。 清水らしいオレンジと黄色の配色でカモフラージュ(迷彩)柄を基調に、伝統の地図柄も配置。カモ柄の中には『静岡県』の形が含まれており、その地図の静岡・清水の位置にクラブロゴを入れている。 さらに、クラブのオフィシャルマスコット「パルちゃん」のシルエットも! 25周年らしい豪華な仕上がりだ。 背番号やネームのフォントも当時と同じ、「アルゼンチン型」と呼ばれる昔から馴染みのあるクラシックなフォントを採用。こだわりが感じられる(背番号内に新たにクラブエンブレムを追加)。 肩から袖にかけて入れられたPuma伝統のアパレルフォームストライプは、他のPuma勢と同じくドット柄。最新のグローバルモデルを採用することにより、“復刻”ながら現代的で洗練されたシルエットのユニフォームとなっている。 なお、ユニフォームスポンサーは、胸の「鈴与」、背中上部の「アイエイアイ」、袖の「日本航空」がいずれも継続するとみられる。

ローマ、2017-18新アウェイユニフォームを発表!モダンなグラフィックだ

5月25日に新シーズン用のホームキットを発表したローマ。それから約1か月ほど経った6月28日に、新アウェイキットを発表した。 トップチームで24年間プレーしたフランチェスコ・トッティが退団。このキットは1991-92シーズン以来の“トッティが着ないユニフォーム”となり、ローマの新時代到来を感じる一着になりそうだ。 AS Roma 2017-18 Nike Away 上下で色を反転したカラーデザイン。ストライプにも見えるモダンなグラフィックプリントは、今までのローマにはないパターンだ。 首元の内側には“ROMA SIAMO NOI”(俺たちがローマだ)をプリント。 アウェイキットでは定番のホワイトがベースだが、首周りやボディ両側はしっかりとチームカラーの“GIALLOROSSI”(黄色と赤)でまとめている。両側のストライプ部分は、通気性を考慮したベンチレーション。 肩周りは、より可動域を確保できるラグランスリーブを採用。 全身ショットだとシャツ、パンツ、ソックスはすべてホワイト。パンツの差し色にはイエローを配色。“AS ROMA”のグラフィックが入ったソックスは、ふくらはぎ部分にレッドでアクセントをつけている。

革命から100年、ロシア代表が「ソ連」推しのW杯ユニフォームを発表!

本日7日は「ロシア革命」(10月革命)からちょうど100年になるが、来年ワールドカップを開催するロシアは6日、代表チームの新しいユニフォームを発表した。 来年の本大会で使われるこのクラシックなデザインのホームユニフォームは、11日にルジニキ・スタジアムで開催されるアルゼンチン代表戦から着用予定となっている。 Russia 2018 adidas Home 新しいユニフォームは、旧ソ連時代のソビエト連邦代表が着用した1987-88モデルにインスパイアされている。 1988年のソウルオリンピックに出場したソビエト連邦代表は、adidas製の1987-88モデルを着用し、決勝戦でロマーリオを擁するブラジル代表を下して金メダルを獲得。現ロシア連邦を含めても、サッカーではこの五輪優勝を最後にタイトルから遠ざかっている。 肩のスリーストライプスとアームホール部分にホワイトを配したデザインが、記念すべき87-88モデルを再現。 100%ポリエステル素材だが、環境に配慮してリサイクルポリエステルを49%使用している。 ロシア国章に描かれている“双頭の鷲”のエンブレムは、新ユニフォームでも変更なし。 パンツはホワイトを基調にレッドのスリーストライプス。ソックスはレッドを基調にブルーとホワイトのボーダーでロシア国旗を表現。ソックスの前面にはロシア語の国名、裏面にはadidasロゴのグラフィックが入る。 双頭の鷲のグラフィックとともにプリントされているのは“Вместе к победе”(勝利を共に)。

アーセナル 2017-18 アウェイユニフォーム

プレミアリーグ開幕を1週間後に控えた6日に、恒例のコミュニティ・シールドでチェルシーと対戦するアーセナル。 欧州クラブとのプレシーズンマッチは結果が芳しくなく、不安を抱きながら今季初の公式戦を迎えることになりそうだ。 7月27日に発表した2017-18シーズンのアウェイユニフォームは、29日に行われたベンフィカとのプレシーズンマッチで初使用された。なおこの試合は、スコア5-2でアーセナルの快勝に終わっている。 Arsenal 2017-18 Puma Away   新しいアウェイユニフォームは、2012-13シーズン以来となるブルー。1892年に初めてブルーのアウェイユニフォームを着用以来、アーセナルでは定番のカラーとなっている。 今回は伝統的なブルーにモダンなドットグラフィックを組合せて、スタイリッシュなデザインに仕上げた。 背面の首元には、おなじみの大砲をプリント。ドットグラフィックで表現した2トーンのブルーカラーは、今までのアーセナルには見られなかったデザインだ。 パンツは濃いブルーをメインカラーに、明るめのブルーでアクセントを付けた。ソックスは前面にプーマキャット、背面に大砲のグラフィック入り。  

コリンチャンス ユニフォーム激安通贩

メーカー:NIKE/ナイキ   メーカーカラー:ブラック シーズン:17/18             素材:ポリエステル100% 商品詳細: SCコリンチャンス・アラゴアーノは、ブラジル・アラゴアス州マセイオを本拠地とするサッカークラブである。 商品特徴: 1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。 2.素材には選手のニーズに応え、汗をかいてもサラッと肌から離れやすい構造を実現する「サラピーク」を採用。 3.襟元は伸縮性に優れたリプ仕様です。 4.背中には通気性、汗処理に優れるボーダーメッシュを採用。

FC コペンハーゲン ユニフォーム激安通贩

メーカー:KAPPA/カッパ    メーカーカラー:ブラック シーズン:08/09             素材:ポリエステル100% 商品詳細: FCコペンハーゲンは、デンマークの首都コペンハーゲンに本拠地を置くサッカークラブである。 商品特徴: 1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。 2.素材は肌触りの滑らかなポリエステルを採用。 3.襟回り、両サイドなど適所にメッシュ。通気性に優れています。 4.優れた換気・除湿機能で常にボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスをを最大限に引き出します。 フィット感を高めたデザインが、ピッチで自由自在なプレーを生みだす。

東京ブエルデイ ユニフォーム激安通贩

メーカーカラー:ホワイト*グリーン シーズン:93/95             素材:ポリエステル100% 商品特徴: 1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。 2.高いクーリング性能を実現しています。 3.メーカーは刺繍です。