アーセナル 2017-18 アウェイユニフォーム

プレミアリーグ開幕を1週間後に控えた6日に、恒例のコミュニティ・シールドでチェルシーと対戦するアーセナル。 欧州クラブとのプレシーズンマッチは結果が芳しくなく、不安を抱きながら今季初の公式戦を迎えることになりそうだ。 7月27日に発表した2017-18シーズンのアウェイユニフォームは、29日に行われたベンフィカとのプレシーズンマッチで初使用された。なおこの試合は、スコア5-2でアーセナルの快勝に終わっている。 Arsenal 2017-18 Puma Away   新しいアウェイユニフォームは、2012-13シーズン以来となるブルー。1892年に初めてブルーのアウェイユニフォームを着用以来、アーセナルでは定番のカラーとなっている。 今回は伝統的なブルーにモダンなドットグラフィックを組合せて、スタイリッシュなデザインに仕上げた。 背面の首元には、おなじみの大砲をプリント。ドットグラフィックで表現した2トーンのブルーカラーは、今までのアーセナルには見られなかったデザインだ。 パンツは濃いブルーをメインカラーに、明るめのブルーでアクセントを付けた。ソックスは前面にプーマキャット、背面に大砲のグラフィック入り。