W杯出場国パワーランキング、日本は26位!

ヤフー電子版は15日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する全32カ国のパワーランキングを発表した。

これは同サイトのサッカー担当記者6人がそれぞれの国の順位を1~32位で予想。その平均値をランキングしたもの。

 1位ドイツ(FIFAランク1位)、2位ブラジル(同2位)、3位スペイン(同8位)、4位フランス(同7位)、5位アルゼンチン(同5位)…と続き、日本(同60位)は26位にランクされた。

 そんなに下なのかと、がっかりするなかれ。例えばイランはFIFAランク36位にもかかわらず、ヤフーのパワーランキングでは日本より下の28位、オーストラリア(FIFAランク40位)も29位。

 チュニジアにいたってはFIFAランクで14位なのに、なぜかヤフーでは32カ国中、30位とありえない低評価を受けている。

 そのチュニジアについての寸評も「もしドクター・ストレンジが1次リーグの1400万通りのシナリオを予見できれば、そのうちの1つくらいは決勝トーナメント進出のシナリオがあるだろう」という、チュニジア人にとっては「バカにしてるのか」といったような内容となっている。

 ただ、日本もチュニジアよりパワーランキングは上だが寸評はボロカスに書かれている。「日本は2014年W杯ブラジル大会では結果を残すことができず、ロシアへ向けてのチームづくりも苦しんでいる。最悪の世代のはざまにあり、H組は比較的易しい組だが、4カ国のうち最も可能性が低いのが日本だ」。こういった周囲の見方をはね返し、なんとか結果を残してほしいと願っている。

以下ヤフーのパワーランキング一覧

1位ドイツ

2位ブラジル

3位スペイン

4位フランス

5位アルゼンチン

6位ベルギー

7位ポルトガル

8位コロンビア

9位ウルグアイ

10位イングランド

11位メキシコ

12位クロアチア

13位ポーランド

14位ペルー

15位スイス

16位タイ デンマーク

16位タイ アイスランド

18位エジプト

19位セルビア

20位スウェーデン

21位ナイジェリア

22位コスタリカ

23位セネガル

24位モロッコ

25位ロシア

26位日本

27位韓国

28位イラン

29位オーストラリア

30位チュニジア

31位パナマ

32位サウジアラビア

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームユニフォームを豊富に取り揃えています。手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。詳しくはリンクをクリックして見てください。

井手口陽介、E-1選手権で狙うは3連勝「雰囲気も高まってきている」

日本代表MF井手口陽介は韓国代表の印象を語りつつ、意気込みを語った。

日本はEAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会で開幕2連勝。井手口は「流れ的には2連勝して最後3連勝するっていうのを目標にしてきたんで、最後しっかり3連勝して試合を終われるのが一番かなと思います」と最終戦の勝利を誓う。

また、16日に対戦する韓国については「ちらっと見ただけ」としつつ、「しっかりつないできて、フィジカルもしっかりしているし、技術もしっかりしているのかなと思います」と印象を語る。

日本にとっては最大のライバルとなるが、井手口はチームの雰囲気は「試合を重ねるごとにやっぱり高まってきていると思うし、練習からもそうですけど、オンとオフもしっかりいい雰囲気だと思います」と話す。

テストの意味合いが強い大会で、あまり顔なじみのない選手もいる中、3連勝と最高の形で締めくくることができるのか。日本代表のレギュラーに定着しつつある井手口にかかる期待は小さくない。

勝利が森保ジャパンにもたらすものとは?東京五輪に向けた“修行”の旅は続く

23歳以下の大会に21歳以下の若年チームで参加し、グループステージ3戦3勝の首位通過。そもそも21歳以下の中でもベストメンバーを呼べているわけでもない。東京五輪代表“森保ジャパン”の初公式戦であるAFC U-23選手権、経験豊富な指揮官と23名の若武者による“修行の旅”は上々の滑り出しとなった。

もちろん、良いこと尽くしの試合内容だったなどと言ってしまえば、単なる妄言である。内容的にはいただけない部分もあったし、チームとしての完成度は未熟だ。ただ、「勝って修正していく」といった言葉を森保一監督が繰り返していたように、課題が出たことをポジティブに捉えながら練習に反映し、次の試合でのトライに繋げるというサイクルができてきているのも確かだ。

当然、この大会で結果を出すことは東京五輪という大目標に比べればそこまで重要ではない。ただ、代表の大会というのは負ければそこで解散となり、トレーニングもできなくなる。“勝って次の練習へ”というサイクルがあること自体がチームにとってポジティブなのだ。

もう一つは「成功体験を積み上げる」(森保監督)ということの重要性だ。チーム立ち上げ段階で敗戦が続くようだと、メディアやファンがどうこうという以前に、選手側に疑心暗鬼が生じるもの。特にほとんどの選手にとって目新しいシステムに取り組んでいる中で結果の出ない状況が続くようだと、今後のチーム作りに停滞感が生まれかねない。その意味でも“まず勝っておく”というのは意外に重要だ。集まる機会が絶対的に少ない代表チームは、日々のコミュニケーションの中で疑心を解消していくことは難しいので、なおさらである。

森保監督はそうした前提を持ちながら、同時に選手を試して見極めるということも続けている。北朝鮮とのグループ第3戦では、ターンオーバーから先発を全員入れ替え。第3GKの阿部航斗(筑波大)を除いた全員がグループステージのどこかで先発出場の機会を得ることとなった。その上で、「あらかじめ想定していた」と言う後半の苦しい時間帯でもあえて我慢の一手だった。

「(選手を)交代することも考えましたけれど、今、そこで耐えて、耐えられたことが成功体験になる。最悪やられることになったとしても次に生かせる経験ができているんじゃないかと観ていました」(森保監督)

第1戦や第2戦でもそうだったが、今大会の森保監督はあえて観ているような対応が目に付く。あまり出来の良くない選手がいても、早々に見切って交代するようなこともない。「そもそも力があるから呼んでいる」(森保監督)という前提もあるにせよ、選手を鍛えようとしているからこそだろう。“修行”なのだ。

「成功体験をもって、うまくいくことでさらに向上心を持ってやれるというのが理想ですし、自分たちが痛い思いをしながら、またレベルアップしていくということも大切。僕も監督として選手たちが苦しい、厳しい局面のなかでやっていることを許容してあげる、自分も我慢して選手たちの経験値を上げてレベルアップできるようにできればと思っています」(森保監督)

やはり“修行”なのだ。お師匠様たる森保監督は、時には心を鬼にしながらその様子を見守っている。そんな構図がある。

大会は連戦になるので、練習時間を絞って練習の負荷を下げていく考えもあるだろうが、今のところそうした傾向も薄い。第2戦を前にして、「本来なら試合前日の練習はここまでやらない」と指揮官も漏らしていたが、大会自体を代表チームと代表選手にとっての“修行”の場と位置付けているからこその判断だろう。

まずは1次リーグ全勝突破で“修行”継続のための時間も確保しつつ、次は「負ければ終わり」となるノックアウトステージの緊張感の中で選手を試し、鍛え、成功体験も積み上げつつ、課題を抽出してトレーニングに還元する。中国江陰市で行われる森保ジャパンの“修行”は、ここからが本番だ。

日本代表選手岡崎慎司

目次

  • 1 得意の形以外の精度も高めたい
  • 2 自分が目指すべきものが見えた
  • 3 日本の中では飛び抜けた存在
  • 4 かけ離れた「場所」ではないと思った

岡崎慎司選手は1986年4月16日、兵庫県生まれ。日本代表選手。淹川第二高ー清水エスパルス。北京五輪後にA代表入りを果たしました。2009年には15ゴールを記録し、日本の得点源として急成長します。予想もつかない動きで敵DFを翻弄し、ゴールへの凄まじい執念は特筆もの。

2009年シーズンが終わったばかりの12月。日本代表での戦いを含め、充実した1年を過ごした岡崎からは確かな自信都風格が漂っていました。それは、まさに日本のエースとしての”自覚”でした。

日本代表選手岡崎慎司

得意の形以外の精度も高めたい

2006年シーズンの結果についてどう捉えている?

「スタートはつまずいたんですけど、そこから巻き返して首位に立ったところまではよかったなと思います。08年なら負けていただろうなという試合を引き分けたり、勝ちに持って行くことができましたから。でも、その後の失速の原因が何だったのか、正直わからないところです。疲れなのか、プレッシャーなのか、今も振り返ってみてはいるんですけど……。でもやっぱり、自分が点を取れていなかったので、自分の責任かなと思います。だから、結果7位で終わってしまったことは、悔しいですね。」

自分が目指すべきものが見えた

ところで、昔からFW?

「小学校2年生のときにサッカーを始めたんですけど、そのことはDFでした。守るのが好きだったんですよ。GKも向かれてヤバいっていう場面で、最後に自分が(シュートを)カットしたとき、みんなの喜ぶ姿を見ると嬉しかったですね。」

「FWをやっていた子が引越して『誰かいないか?』って感じで、たまたま自分がFWをやった練習試合でハットトリックをして、それからです。」

「中学校ではチームにGKがいなかったので、FWとGKと両方やってました。兄貴と練習することが多かったので、そうするとどちらかがGKをやるんですよ。それでGKもできるようになって、だから試合では、前半はGK、後半はFWっていうパターンでした。その後、GKの子が入ってきたので、そこからはずっとFWです。エスパルスに入って最初、『右サイドバックをやらないか?』って言われたときはどうしようかと思いましたけど、そこは『FWで』と貫きました。」
日本代表メンバー岡崎慎司

日本の中では飛び抜けた存在

自分を客観的に見られて、何が足りないものある?

「自分の足りないもの、課題を言ってくれる人が周りにいてくれたのが大きいと思います。みなさん、アドバイスも的確で、プロに入ってからは得るものがすごく多かったですから。昼飯とかに行ってもサッカーが好きな人ばかりで、話題はすぐにサッカーの話になる。そういうときに『ああ、そういうことを意識すればいいのか』とか、そこで見えてくるものがあって、自分の課題も明確になるんです。それを練習に持ち込んでやれましたし、そういう出会いがやっぱり大きかったですね。」

どうやって勉強してきたんだろう?

岡崎慎司 ユニフォームの通販
‰

「自分の弱いところを気にしすぎると、自分の特徴が見えなくなってしまうじゃないですか。それは絶対にダメだと思ったので、最終的にゴール前を視野に入れた中での動き出しとか、それをどう作り上げていくかを考えてやってましたね。サテライトの試合ではボランチで起用されたりもするんですけど、常にそこを意識してました。ゴーり前のどこが空いているのか、どう動けば相手のマークを外さるのか、とか。」

「やれるよ、絶対。国を選んで、チームを選ぶことが重要になるけど、日本人でも十分にやれる。特に岡崎みたいなタイプは欧州にはあまりいない。献身的に守備を頑張って、味方をみて動き出しができて、動き直しもできるアタッカーってそうそういないから、重宝されるのは間違いない。だから、岡崎には行って欲しいなって強く思う。」

かけ離れた「場所」ではないと思った

岡崎 慎司(サッカー日本代表)日本代表として世界の舞台に立つ自分が何を変えなきゃいけないと思った?

「まずクラブで試合に出ないと始まらないな、と思いました。世界のクラブでプレイしている連中がそういう舞台に集まって来るわけじゃないですか。ちょっとしか試合に出てないような選手ではそういう場の重圧も知らず、経験もないから、力を発揮できるわけがない。それで、そのときの自分の置かれた状況が恥ずかしくて、焦りを感じて、先発で出ることへの貪欲さも増やしました。」

「高いレベルの選手が集まっているからうまいのはもちろんなんですけど、守備意識がみんな高くて、最初の練習から『オカ、こっち戻って』とかブワァーと指示が飛んできて、衝撃的というか、圧倒されましたね。『これが代表かぁ』って。」

「どうにかやれるって感じでしたね。すごいかけ離れた『場所』ではないと思いました。自分の特徴を生かせば何とかなりそうだな、と。」

岡崎の良さは、とにかくシュートが打てること。ゴールに対して貪欲で、一方でも前へ、頭ひとつでも前へと、体を投げ出せる。相手との駆け引きも優れているから、スッとDFの前に入るのがうまい。足は早くないんだけど、その辺の嗅覚は抜群だよね。