バルセロナが2016-17新ユニフォームを発表!伝統デザイン回帰も、大きな変化?

バルセロナは昨年、最強の3トップ「MSN」を擁して見事3冠を達成。 ルイス・エンリケ監督のもとで早くも結果を残したが、新体制2年目の2015-16シーズンは4月にまさかの失速。レアル・マドリーとのクラシコで敗れると、CLでもアトレティコ・マドリーの前に準々決勝敗退を喫した。 それでもリーガとコパ・デル・レイの2冠を達成したバルサが30日、2016-17シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。 Barcelona 2016-17 Nike Home 2015-16モデルではクラブ史上初のボーダー柄を採用したバルサだが、NEWモデルは伝統の縦縞へ回帰。 その中でも、1991-92シーズンのCL初優勝から25周年をたたえるデザインで、太めのストライプの中に細かいシャドーストライプが配されている。 また、カタール航空との胸スポンサー契約が今夏で切れるため、ひとまず空白での発表となったことも大きな変化。このまま以前のようにスポンサー無しへ戻っていくことがあるのか注目される(クラブ幹部によると最終的にはスポンサーが入る見込みらしいが・・・)。 全身はこんな感じ。袖の切り替えしデザインが2003-04ホームも思わせる。

ローマ、2017-18新アウェイユニフォームを発表!モダンなグラフィックだ

5月25日に新シーズン用のホームキットを発表したローマ。それから約1か月ほど経った6月28日に、新アウェイキットを発表した。 トップチームで24年間プレーしたフランチェスコ・トッティが退団。このキットは1991-92シーズン以来の“トッティが着ないユニフォーム”となり、ローマの新時代到来を感じる一着になりそうだ。 AS Roma 2017-18 Nike Away 上下で色を反転したカラーデザイン。ストライプにも見えるモダンなグラフィックプリントは、今までのローマにはないパターンだ。 首元の内側には“ROMA SIAMO NOI”(俺たちがローマだ)をプリント。 アウェイキットでは定番のホワイトがベースだが、首周りやボディ両側はしっかりとチームカラーの“GIALLOROSSI”(黄色と赤)でまとめている。両側のストライプ部分は、通気性を考慮したベンチレーション。 肩周りは、より可動域を確保できるラグランスリーブを採用。 全身ショットだとシャツ、パンツ、ソックスはすべてホワイト。パンツの差し色にはイエローを配色。“AS ROMA”のグラフィックが入ったソックスは、ふくらはぎ部分にレッドでアクセントをつけている。

コリンチャンス ユニフォーム激安通贩

メーカー:NIKE/ナイキ   メーカーカラー:ブラック シーズン:17/18             素材:ポリエステル100% 商品詳細: SCコリンチャンス・アラゴアーノは、ブラジル・アラゴアス州マセイオを本拠地とするサッカークラブである。 商品特徴: 1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。 2.素材には選手のニーズに応え、汗をかいてもサラッと肌から離れやすい構造を実現する「サラピーク」を採用。 3.襟元は伸縮性に優れたリプ仕様です。 4.背中には通気性、汗処理に優れるボーダーメッシュを採用。