W杯出場国パワーランキング、日本は26位!

ヤフー電子版は15日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する全32カ国のパワーランキングを発表した。

これは同サイトのサッカー担当記者6人がそれぞれの国の順位を1~32位で予想。その平均値をランキングしたもの。

 1位ドイツ(FIFAランク1位)、2位ブラジル(同2位)、3位スペイン(同8位)、4位フランス(同7位)、5位アルゼンチン(同5位)…と続き、日本(同60位)は26位にランクされた。

 そんなに下なのかと、がっかりするなかれ。例えばイランはFIFAランク36位にもかかわらず、ヤフーのパワーランキングでは日本より下の28位、オーストラリア(FIFAランク40位)も29位。

 チュニジアにいたってはFIFAランクで14位なのに、なぜかヤフーでは32カ国中、30位とありえない低評価を受けている。

 そのチュニジアについての寸評も「もしドクター・ストレンジが1次リーグの1400万通りのシナリオを予見できれば、そのうちの1つくらいは決勝トーナメント進出のシナリオがあるだろう」という、チュニジア人にとっては「バカにしてるのか」といったような内容となっている。

 ただ、日本もチュニジアよりパワーランキングは上だが寸評はボロカスに書かれている。「日本は2014年W杯ブラジル大会では結果を残すことができず、ロシアへ向けてのチームづくりも苦しんでいる。最悪の世代のはざまにあり、H組は比較的易しい組だが、4カ国のうち最も可能性が低いのが日本だ」。こういった周囲の見方をはね返し、なんとか結果を残してほしいと願っている。

以下ヤフーのパワーランキング一覧

1位ドイツ

2位ブラジル

3位スペイン

4位フランス

5位アルゼンチン

6位ベルギー

7位ポルトガル

8位コロンビア

9位ウルグアイ

10位イングランド

11位メキシコ

12位クロアチア

13位ポーランド

14位ペルー

15位スイス

16位タイ デンマーク

16位タイ アイスランド

18位エジプト

19位セルビア

20位スウェーデン

21位ナイジェリア

22位コスタリカ

23位セネガル

24位モロッコ

25位ロシア

26位日本

27位韓国

28位イラン

29位オーストラリア

30位チュニジア

31位パナマ

32位サウジアラビア

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームユニフォームを豊富に取り揃えています。手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。詳しくはリンクをクリックして見てください。

人類最速ボルトが明かすW杯の優勝候補は?「ネイマール抜きのブラジルは…」

ドルトムントの練習に参加したウサイン・ボルト氏は、ブラジルのワールドカップ優勝はネイマール次第だと考えているようだ。

陸上界を引退した100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト氏は、プロサッカー選手になることを目指しドルトムントで2日間練習に参加。パス回しの練習ではDFの股を抜くプレーや、試合形式の練習ではヘディングでのゴール、高いパス技術などを見せ首脳陣にアピールをした。

練習後、インタビューに答えたオリンピックで通算8度の金メダルを獲得したジャマイカ人は、アルゼンチン代表のファンであることを明かした。

「W杯を見に行きたいよ。そしていくつかの試合を観戦したい。アルゼンチンのファンなんだ。だから間違いなく見に行くだろうね」

そして、優勝候補についてやネイマール不在の影響についても語った。

「ドイツは間違いない。もしネイマールが復帰すればブラジル、あとはアルゼンチンとフランスだね。これが僕のトップ4さ」

「(ネイマールがW杯を欠場することは)チームに大きなマイナスになると思うよ。ネイマールはとてもレベルの高い選手で、世界最高の選手の1人だ。もし彼が間に合わなかったり、コンディショニングが戻らなければ、ブラジルは優勝のチャンスを失うと思うね」